ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 寒い日、きっとあるでしょうね

    爛漫でした

    筏になってキラキラ

    散る花びら、ジャガイモの芽

    女の子らしく優しくなったサム

    “Je peux revoir le printemps prochain ?”

  • 季節は巡って

    スキーキャリアを外しました。桜の花びらが舞ってます。

    “Au revoir, la saison des sports d’hiver !”

  • 兄の転倒、入院からひと月が経ちました。インフルエンザの院内感染で面会が禁止されて
    いましたが、解けたと連絡があったので、唐沢堤の桜の写真を撮って見せに行ってきました。

    懐かしそうに、目を細めて見ていました。車で一時間ほどの生まれた町
    なのに、今の兄には、遠い遠い所に思えるのでしょうか。 

    あと一か月半。家に帰れるよう頑張ってほしい。

    “Tu as une infirmière préférée à cet hôpital ?”

  • ひそひそ

    「ねえ、シロちゃん。アタシってそんなにデブ?窓際に座っているお客さんが
     アタシを抱っこして、(わ!テト太ったな。おもたいよ。)って言ったのよ。」

    「う~ん、、、、。(答えにくい)、、、、、」

    “Il est difficile pour moi de répondre à la question.”