ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 冬ごもり

    昨日の風は、家から出るな、、、と吹いてましたね。
    風は嫌いです。読書しています。明日は、雪、、、
    ならいいな。外で遊びましょう。

    “Lecture dans la chambre chauffee”

  • 何処かに

    ニホンオオカミ、もしかしたら密やかに生き延びているかもしれない、、、と
    思わせるそんな内容です。 秩父の神社では、狛犬ではなく狛オオカミが多いのは。

    “Loup est vivant quelque part?”

  • 読書の真冬

    寒いですね。こんな寒い冬の日は、窓際の日向でコーヒー飲みながらの読書が
    いいな~。読み疲れたらそのまま居眠りして。 あ~あ、アクビが出ちゃった。
    去年の12月から読んだ本:三十光年の星たち<上><下>;宮本輝。
    クリスマスにかけては、かの名作:クリスマスキャロル(映画のほうが面白いね)。
     さて、寒波襲来の今日からは、「白いへび眠る島」;三浦しおん。

    な~んかおどろおどろしいストーリーのようで楽しみ。
    皆様、くれぐれも風邪などひかぬようにお過ごしください。
    連休ですね。どこか雪のあるところにでも行きましょ!

    “C’est vraiment tres amusant , le lecture avec une tasse de cafe.”

  • 読書の夏

    今日の蒸し暑さには閉口。こんな日(夏)は冷房の効いた部屋で本でも読んで
    過ごしましょう。  (でも夕方、サイクリングをして汗を絞ってきました)
    夜明けの森、夕暮れの谷(湯川豊)、岩手は今日も釣り日和(村田久)。

    この二冊は、釣りの紀行文。キラキラ流れる渓のような清々しさと、静けさと
    寂しさを併せ持った文は私にとっての清涼剤です。
    もう一冊は、死神が主人公。まだ読み終わっていませんが、かなり面白い、です。
     読書の秋いえ、読書の夏もいいものだと思っています。

    “Lecture en été”

  • そばもん

    「なんちゃって蕎麦の会」の斥候兼味見役兼ご意見番のK先生所蔵の
    「そばもん」が、森の父さん経由でまわってきました。コミックとは言え
    読むのに時間がかかりました。ジワっと目頭が熱くなるものもあり、
    蕎麦好きにはためになる内容でした。 次は、会員のMチェさんに
    回っていきます。Mチェさん、楽しんで下さい。

    “Bible de notre cercle”

  • 冷蔵庫

    長年仕事場に使っていた部屋が一つ空きました。自分好みの
    部屋に改造中です。なかなか思うようにはかどりません。
    出来上がるのは桜の咲く頃かな~、ゆっくりやることにしましょう。

    陽が陰り、北風も強くなって冷蔵庫の中にいるような寒さです。
    皆さん、風邪などひきませんように。

    “Qu’il fait froid! Attention tout le monde, n’attrapez pas un rhume.”

  • 庄内への旅

    22日朝6時半出発。一路庄内:酒田を目指して。
    残雪の月山と鳥海山が、優しく出迎えてくれました。

    酒田産業会館地下一階にあるレストラン「欅」。昼食はここで。
    優しい味わいのフランス料理、ロングドライブの疲れを癒して
    くれました。それにしても、こんなにうれしいフランス料理は
    久しぶりでした。必ずまた楽しみに行きます。

    NKエージェント:おくりびと。(私もいつかは、おくられびと)

    山居倉庫に小百合ちゃんはいませんでした。

    酒田の夜は、評判の鮨屋「鈴政」で。評判とおりのうまさに大満足。

    23日は鶴岡です。藤沢周平記念館への記念すべき初訪問。

    海坂藩を舞台にした数々の物語がズ~ンと心にしみ込んで来るようでした。

    それにしても、庄内の人達の物言いって、なんて優しいのでしょう。

    “Yamagata,Shonai, c’est un pays que j’aime”

  • 懐かしの「海坂藩」

    “Pays que j’aime”

  • おわりの雪

    新聞、一面下部分の広告でこの本を知ったのだと思います。
    思う、と言うのは、もう6年前のことですので。「白水社」の
    本は、当店には一冊もありません。という店員さんの言葉を
    良く覚えています。

    hom21

    「おわりの雪」という題名と、1羽のトビに魅了された少年、という解説文
    にひかれて買った本でしたが2~3ページ読んでその後が続きませんでした。
    6年後の今、一気に読み終えました。 何かひかれるものがあったかと言うと
    そうでもありません。  6年という歳月に意味があったのでしょうか。
    買ったまま読まずに並んでいる本がまだまだあります。
    読んでみようと思っています。

    “Livre que j’ai achete il y a six ans”

      

  • ころぼっくるヒュッテ

    korobokkuru
               コロボックルヒュッテ

    長野県霧ヶ峰高原車山肩にコロボックルヒュッテは建っています。こぢんまりとした
    清潔なこの山小屋を、わたしはとても気に入っています。数年前の10月、この山小屋
    に宿泊したことがあります。満天の星。そして明くる朝、霜の降りた高原からは、北
    アルプスの初冠雪を、凍える手のひらに息を吹きかけながら眺めました。

    saishonohon

    初めてこの山小屋を訪れた折りに買い求めたのが、この本でした。この山小屋の   
    創始者、手塚宗求さんの著書です。
    すっかり魅了された私は、この山小屋を訪れる度、一冊二冊と買い求めました。

    inuwashi

    hon2

    自然の中、山の中で幾つかの夜を過ごしたことのある者にとって
    こんな山小屋を持つことは、きっと共通の夢かもしれません。
    そんな夢を満たしてくれるのがこの山小屋でした。
    (信じがたいような過酷な歴史を持った山小屋ではありますが)

    kisuge1

    流れる霧の中、キスゲが揺れていました。咲く数は、年によって
    違うようですが、高原を黄色く染めて今年の昨日も揺れて咲いて
    いました。
    そんな中、数咲くキスゲの一本が語りかけました。
    「わたしは、ここよ。」と。

    watashi2

    “C’est moi, ta mere”