ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 過ぎし日

    肩に食い込むほどの大漁。

    枝にまだ残っています。採っただけでも30キロありました。根元に眠るタマの梅。

    庭のアジサイが小さな花を咲かせています。「かずえ」という名のアジサイ。
    妻沼のあじさい寺で母が買い求めた一鉢。毎年咲いていますよ、かずえさん。

    小さくなった兄。やはり家には帰れない。

    庭の夏椿が咲いているのに初めて気が付いた。最後の花。ごめんなさい。

    “Beaucoup de changements de saison”

  • 寒い日、きっとあるでしょうね

    爛漫でした

    筏になってキラキラ

    散る花びら、ジャガイモの芽

    女の子らしく優しくなったサム

    “Je peux revoir le printemps prochain ?”

  • ひそひそ

    「ねえ、シロちゃん。アタシってそんなにデブ?窓際に座っているお客さんが
     アタシを抱っこして、(わ!テト太ったな。おもたいよ。)って言ったのよ。」

    「う~ん、、、、。(答えにくい)、、、、、」

    “Il est difficile pour moi de répondre à la question.”

  • 明日は春とか

    サムの泥浴び

    ピカソ風に。深谷駅

    甘味物

    “Comme printemps , demain”

  • メリークリスマス

    元気になりました。

    “Elle va bien.”

  • サム

    元気なサムなら、すぐに飛び降りるのに。

    先週の土曜日からほとんど食べません。獣医に連れて行きました。
    血液検査の結果、肝臓がとても悪いようです。早く良くなりますように。

    “Courage, Sam ! “

  • 空と猫

    予想外の青空。

    狙っているのは、小さなバッタ。(とびついたけれど、逃げられた)

    スマフォでは、やりにくい。使い方がまだ良くわからない

    “Le ciel bleu et Sam ”

  • ほのぼの

    800メートル程の区間に7家族くらいいる鴨しれない。

    この家族は子供もかなり大きくなっています。数えたら10羽?かな。

    草の中にも。

    カルガモの親子には、いつも”ほのぼの”させられます。

    こんなのがいました。知らない人が見たら、車にはね飛ばされて
    死んでいるのではないかと。  畑のサムです。

    無防備に眠りこけているサムの姿も、まあまあ”ほのぼの”、、、です。

    “Beaucoup de familles”

  • 横入り

    私が立つと、すぐに横入り、、、横座り。大目にみましょ。4時間
    付き合ってくれたからね。それにしても、サムって魚には興味ないの?

    ***夕飯食べたら「横取り」という言葉が出てきました***

    “Tu n’es pas intéressée aux poissons ?”

  • 五月晴れ

    昨秋収穫したあと、埋めておいた親芋を掘り出しました。
    30個程が無事でした。肥料と一緒に耕して植えました。
    芽が出るのはいつだろう、楽しみ。

    切り株に腰掛けて欅の木陰でひと休み。必ずサムがやって来ます。膝の
    上にあがって気持ち良さそうにこんな顔。 毛だらけになってしまう。

    キャットミントを切ってレタスを収穫して、さっ!昼ごはん。腹ペコです。

    “Je suis un agriculteur. ”