ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 冬鳥アトリ

    “Oiseau d’hiver”

  • 針路

    ”渡り鳥にとっての「進路」は「針路」だよ。目的地の町名、番地まで
    頭の中に組み込まれていて、それは、もしかしたら数世代にわたって
    刷り込まれていくかもしれない。DNAを受け継ぐということかな~。”
       鳥好きだった兄が、以前そんなことを話してくれたっけ。

     ”なぜ。僕のことをpipiと呼ぶの?”      ”pipiだからさ。”
     ”その呼び名、何となく、、、。”       ”記憶?にある?pipiだからだよ”
     ”ここの桜が咲く頃には帰るんだ。”      ”そう。いつもそうだったよ。”

      ここの場所でのpipiは、たぶん君の何世代か前のおばあちゃんだったけれど、ね。

    “Réincarnation”
      

  • つぐみ

    どこで生まれたの?   遠い北の国。
    長い旅してきたんだね。 そう、とっても。
    いつ、帰るの?     ここの桜が散ってから。

    “Toujours avec toi”

  • 新年

    あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

    幸せの青い鳥。皆さまにたくさんの幸せが訪れる一年になりますように。

    “Je vous souhaite beaucoup de bonheur.”

  • 良い酉年が迎えられますように、今日からは「鳥」シリーズ。

    「な~んだ、とんびだあ。」といつも言われるトビ。

    ずんぐりむっくり、ノスリ。

    “Oiseaux, pour Bonne année”

  • 北風

    暖かった昨日、コハクチョウを観てきました。家から自転車で10分程の川。

    浅間山がほんのり雪化粧です。もっと真っ白くならないと。

    吹き荒れた北風が、暖かさを蹴散らしてしまいました。明朝は冷え込むでしょう。
    風邪など、ひきませんように。

    “Je n’aime pas le vent fort du nord. Mais il apporte du neige. Et on peut rencontre les
    femmes de neiges.”

  • 散歩道でオオタカ

    写真の中に、二羽の鳥が写っています。その中の一羽がオオタカです。
    カメラを持っていない時に出会うのですね~。でも双眼鏡がザックに入って
    いました。オオタカ成鳥のきれいなオスでした(識別できるようになりました)。

    皆さん、どこにオオタカがいるか見つけてください.

    “Vous pouvez trouver ? ”

  • ほのぼの

    800メートル程の区間に7家族くらいいる鴨しれない。

    この家族は子供もかなり大きくなっています。数えたら10羽?かな。

    草の中にも。

    カルガモの親子には、いつも”ほのぼの”させられます。

    こんなのがいました。知らない人が見たら、車にはね飛ばされて
    死んでいるのではないかと。  畑のサムです。

    無防備に眠りこけているサムの姿も、まあまあ”ほのぼの”、、、です。

    “Beaucoup de familles”

  • 明日は満月

    地上

    水中

    空中

    リンゴちゃんとお別れ。また来冬、リンゴを食べにおいで。

    明日の満月、見られればいいな。

    “Je voudrais regarder la pleine lune demain.”

  • まったく!

    しつっこいんだから~

    ほんとに~

    ば~か!

    ふん!だ~

    “Idiot ! ”