ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 黄昏坂を

    一年間のご訪問ありがとうございました。
     「黄昏坂」の向こうに見える2013年はどんな景色でしょうか。
    来年もよろしくお願い致します。  良いお年をお迎え下さい。

    “A la nouvel année!”

  • 30年経って

    居間の屋根下の窓です。30年間このままでした。

    寒さ厳しいこの冬、一念発起して障子を作りました。暖房効率が
    きっと良くなると思います。

    本当は、蝶番を使って開閉できるようにしたかったのですが、
    高い所の作業になって自信がないのでネジ止めにしました。夏に
    なったらはずします。肩がこって腰も痛いですが達成感有り!です。

    “Depuis 30 ans “

  • 久しぶりに、仙元山

    久しぶりに仙元山を歩きました。葉を落とした遊歩道は見上げても明るく
    とてもきれいに整備されていました。それほどたくさんの鳥は見られません
    でしたが、写真のコゲラ、ツグミの他は、ヒヨドリ、シジュウカラ、シメ
    くらいでした。

    運動場のネット越しのツグミ。今シーズンの初見です。

    “A Sengenyama”

  • 道のり

    先月遡上サケが捕まった散歩道の唐沢川に又サケの死骸。
    この川が故郷なのでしょうか。長い旅だったでしょうね。

    “Une mort”

  • 慈愛心

    畑の隅でロウバイの花が開きました。花言葉は「慈愛」「慈愛心」
    だそうでうす。もっとたくさん咲けば、良い薫りがするでしょう。

    “Tendresse”

  • 配布:サケの卵

    深谷公民館主催、サケの卵配布会に出席しました。紙コップに
    20粒の卵、それを600ヶほど用意して10時から配布しました。
    稚魚の放流は、来年2月。寒風吹きすさぶ利根川河原です。

    私の散歩道唐沢川に、先月65センチのサケが遡上して来たと知り
    ビックリしました。発見された時には、かなり弱っていたそうですが。
    唐沢川は普段は水深20~30センチの変哲もない川です。確かに
    下流は小山川~利根川に続いています。それにしても驚きました。
    水質が良くなっているとはいえ、65センチのサケがね~。
    今後もサケ遡上の可能性ありえますよね。あって欲しい。

    “Chemin à pays natal ”

  • 初滑り

    今シーズンの初滑りをしてきました。気温低く寒かったですが
    快晴の空の下、今シーズンが始まりました。  山の神曰く、
    「超気持ちいい!何も言えね~!」ですって。 帰途はもちろん
    軽井沢。Café” Le Petit Nid“の暖炉の前で休憩しました。

    “Premier ski de cette saison”

  • スミはトコ?

    夕方、オオタカのDVDを見ていました。「ケケケ!」の鳴き声に
    むくっと起きあがったスミ、それからず~と食い入るように見続け、
    オオタカの動きを追っています。 そう言えば数年前やはりオオタカ
    の写ったTV画面に、飛びかかったことがありました。

    スミはきっとトコなんでしょうね。

    でも時々スミを見ていて思うことがあります。スミの眼光はオオタカの
    それと似ているな~って。もしかしたらスミの前世はオオタカかもしれない、、、。

    “Sumi, qu’est ce que tu es?”

  • 烈風の逗子:昨日

    烈風下の逗子散策。(散策と言うにはチョトひどい!)
    特に海岸べり。砂つぶてで目が開けていられません。銭形平次の
    投げ銭が飛んで来るみたい。そのうちこちらの身体が飛んで行って
    しまうようなもの凄い風でした。

    午前中はまだ富士山が見えましたが、午後は雲の中。

    夕暮れを待ちました。この頃は風の中に冷たさが加わって鼻水ズル~。

    深谷駅に降り立ったときは風はおさまっていましたが寒さ一級品!
    駅前のクリスマスイルミネーションでちょっぴり温かになりました。

    “Promenade avec le fou vent ”

  • 日だまり

    柿の実レストランはこのところ盛況。渋柿も熟れて食べ頃のよう。

    シジュウカラってホントにちょこまかちょこまか。

    先日「ダーウインが来た」で見ました。モズってドジョウも食べるのですね。
    このモズも水中の魚を狙っているのかな?

    ほぼ垂直の壁に張り付いて、忍者のよう。

    かなり遠くなのにすでに警戒状態。「ブス!」って言ったら、さらに
    姿勢を低くして睨まれてしまった。「かわいいよ!」って言って上げました。

    “Sur le chemin”