ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • お隣のしゅう君

    外出から戻って車からおりると、お隣のしゅう君が庭にたたずんでいました。
    額に汗びっしょりかいて、ちょっと雰囲気がおかしい。(しゅう君はいま小学5年生。
    極端に人見知りをする子で、声をかけると固まってしまいます)
    「どうしたの?そんなに汗かいて。自転車にのってきたの?」  
    もじもじしていたしゅう君が小声で言いました。
    「自転車に乗っていて転んで、家の鍵なくしてしまった。
      転んだところに探しに行ったけれど見つからなかった。」
    「そうか。家、留守で入れないの?お母さん、何時ころ
    戻ってくるの?」「5時過ぎです。」
    「あっ!膝小僧、血が出てるよ。痛かったろう。」
    ここで、しゅう君の顔がゆがみました。まつ毛の長い大きな目から
    大粒の涙がぽろぽろ。
    「大丈夫!泣かないで。」家からマキロンを持ってきて吹き付け、
    ふき取ってあげました。この後、しゅう君もう一度泣きました。
    お母さん、なかなか帰ってきません。テニス好きのしゅう君
    なので錦織選手や松岡修造の話題をしたり、私のラケットを見せたり、、、。
    鍵をなくしてしまったことに責任を感じているのですね。
    家に入れないことが悲しいのもあるのでしょう。
     一番の笑顔は、猫除けセンサー。わたしには聞き取れない音波だと説明して
    しゅう君にセンサーを向けて「スイッチ入れていい?」「はい。」
    カチ!スイッチ入れるとしゅう君は顔をしかめて不思議そうな顔。
    もう一度カチ!顔をしかめて笑顔になりました。 ずっと一緒にいてあげました。
     お母さん、車で戻ってきました。「きちんとお母さんに話して、
     傷も薬つけてもらいなさい。」「はい!」   
     玄関に元気よく走っていきました。

    “Il aime tennis.”

  • どこの庭も花盛り

    タイムの上にバラ。どこのお宅の庭も花いっぱいですね。

    “Jardins des fleurs”

  • 戦いすんで

    きんちゃん、お疲れ様。投票率あまり良くなかったけれど、得票も前回には及ばなかった
    けれど、大切なのはあなたの政治への情熱。この街を住みよい街に変えていってください。
    焦らずコツコツ大胆に。夕べ、あなたが流した涙すてきだったよ。
    (誰か、「メソメソするんじゃね~!」と言うかと思ったけれど)
     初登庁の時の気持ちを持ち続けて取り組んでください。3000人近くの応援者がついている!

    “Il y a 3000 gens derriere vous.”

  • 祝!

    きんちゃん、当選しましたあ。ありがとうございます。

    “Félicitations!!!”

  • あと数時間!

    きんちゃん、日に焼けて頑張ってます。二人の妹、更に頑張ってる!

    “Encore quelque heurs”

  • 何が秘密?

    もみの木ガーデンの皆さんが我が家の畑で庭つくり。

    こんな庭ができました。題して「秘密の水辺」だそうです。

    ずっと此処にあればいいのですが、花フェスタ前日には会場に移動です。
    畑に、なぜか麦の穂が。たぶん、、、。切って花瓶にいけました。

    “Dames”

  • 花を愛でながら

    畑仕事です。土手の桜はスッカリ葉桜。畑の花に話しかけながら汗かいてます。

    “En regardant les fleurs”

  • 畳替え

    畳替えをしてます。重い書棚の中の本は、納戸に放り込みました。

    その他引き出し等は居間に移動。足の踏み場がありません。
    前回の畳替えは18年前。新聞紙でわかりました。綿ぼこりがすごかった!

    この穴と猫の写真。猫はトッチン。排水管の水漏れで水道屋さんが板を剥がした隙に
    入り込み閉じ込められ大泣き。救出のため、わたしがジグソーで切った穴。懐かしい。

    “Cher chat, Tocchin”

  • きんちゃん、頑張ってます!

    市長さんが応援に駆けつけてくれました。

    “Avec le maire ”

  • 「きんちゃん」頑張れ!

    地元の市会議員立候補者、鎮守さまに祈願。

    応援団も集まって、出陣式。

    “Beaucoup de monde”