ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 冬ごもり

    トイレの戸をあけました。暗がりに「ス~!」と何かが隠れました。
    大きさは、10センチほど。ゲジゲジのように見えたので「や~だな」と思いつつ
    すぐに戸を閉めました。(虫類は嫌い、怖い)   しばらくして、そ~と戸を
    開け電気をつけました。    いた~!ヤモリ。これは可愛い!

    目の高さの壁に貼りついています。また同じ暗がりに逃げ込みました。
    その夜はずっとトイレの戸を開け放しておきました。どこかへ避難したのでしょう、
    その後姿を見ていません。もうそろそろ冬ごもりの場所を探さなくてはね。

    “On peut t’appeler Gecko?”

  • 三泊四日の両親に

    “J’ai senti la colère dans les yeux de mon frère .”

  • 頼もしい

    スキーに行った姪から、こんな写真が届きました。

    ソリの上で眠っているのは、一歳ちょっとの桜良ちゃん。
    大丈夫なのかなあ! でも、暖かそう。風がなければね。

    “Qui dort sur la neige?”

  • 映画

    観客は七人でした。

    “Je vous souhaite d’etre follement aimee.”

  • 鴨に見えたのかな?

    数日前の赤城山。山頂を覆う雲が噴煙のように見えました。
    (いい加減なスケッチだこと)

    さて、タイトルの鴨、ですが。今日、お昼ちょっと前の大宮駅でのこと。
    中央自由通路を、東口から西口に向かって歩いていました。一人の時、私は
    とっても速足なのです。「久しぶり!元気そうだね。」とすれ違いざまに
    声をかけられました。振り返って見ると(それなりの男性。)高校の級友に
    似ていたので思わず、「あ~」と私。でもよ~く見ると違う。「誰だっけ?」
    「佐藤だよ。」とその男。(加藤はいたけれど、佐藤?)と私の脳みそ。
    間髪を入れずその男、「渡辺は元気?近頃会ってないけど元気かな?」
    私の脳みそ:(渡辺はいる、でも鴻巣。深谷の私になんで鴻巣の渡辺のことを)
    「渡辺って、あのサイクリング好きの?」と私。「そう、そう。」と答える
    男の目がちょっと泳いだ。「明日のクラス会、台風でキャンセルになって残念
    だね。連絡あったろ?」と私。「最近、連絡取りあってないからクラス会のこと
    知らなかった。」と男。「名前なんだっけ?」ともう一度私。「佐藤だよ。」
    (ふん!おかしい。ばかめ)と私の脳みそ。「時間あったらどこかでお茶でもどう?」
    と男。「時間ないね。いそいでるからダメ!じゃあ。」と私。常任総幹事長に電話したら、
    「クラスに佐藤はいないよ。詐欺だよ。お茶飲んで、お金の無心か隙あらばカバンを
     、、だね。」だって。私もそう思った。
    「鴨」にみえたんだ~私。カルガモかなあ。でも、きっちり見破ったからすごいね。
         と、こんなことがあった真夏のような秋の一日でした。お粗末!

    “Un escroc”

      

  • おはようございます。

    キラキラと美しい朝ですね。元気です。

  • 五月の箸

    葉山に住んでいる天然生活の姪手作りのお箸。ありがとう。

    “Merci ! “

  • もったいなくて

    74日遅れの誕生日プレゼント。24色の水彩絵の具は家内からの贈り物。

    新しい洋服を買っても、すぐには着られない性格。この絵の具もなかなか
    使わないで古いのを使うのだろうなあ。先日、冬物をしまっていて見つけました。
    10年ほど前に新宿伊勢丹(たぶん)で買ったコットンセーター。

    好物は最後に食べるし、我ながらおかしな性格。連休も終わりですね。
    子どもの日そして立夏。 新緑から深緑へ。

    “Tu m’as dit, “Tu as l’air comme un enfant.”

  • 寒の戻り

    診断は、肩腱板断裂でした。一月半以上も痛さがひかなかったわけです。
    今シーズンのスキーは諦めました。(痛めてから三度行きました)
    治療とリハビリをうけます。頑張ります。
    地元の桜がほころんでいます。美しい季節がもうすぐ。そして、花冷え。

    風邪ひかないように。花粉症にも負けずに。

    “Je vais bien.”

  • 3度目

    三度目の正直になりそうな予感がします。

    肩にうった注射が効いています。来週もう一度診察に。

    “Encore une fois, la semaine prochaine .”