ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • ハロウィーン

    あちらこちらで盛り上がっていますね、ハロウィーン。
    ここでもちょっとだけ、ハロウィーン。

    駅交番裏のPolice Garden.

    ブッキーからのお菓子ボックス。美味しかった。

    “Joyeuse Halloween! ”

  • 大きな山羊

    「ちょっとこっち向いて。」と声をかけたら、「てめええええええええ!(うるさい)」
    とにらまれました。昨日、東御の丘で。

    “Tu danses avec moi ?”

  • 静かな山

    Je vais bien.

    “Avec la solitude”

  • 美味しかった(夏)

    毎朝毎朝畑を彩ってくれた花オクラ。終わりました。
    窓辺のゴーヤの実も、終わりです。小さな実がいくつかついているだけ。
    また、来年。

    “Je reste chez moi parce que j’ai mal à la tête.” 

  • 一輪

    最後の一輪かもしれません。

    “Langage des fleurs de cette fleur bleu?”

  • 鴨に見えたのかな?

    数日前の赤城山。山頂を覆う雲が噴煙のように見えました。
    (いい加減なスケッチだこと)

    さて、タイトルの鴨、ですが。今日、お昼ちょっと前の大宮駅でのこと。
    中央自由通路を、東口から西口に向かって歩いていました。一人の時、私は
    とっても速足なのです。「久しぶり!元気そうだね。」とすれ違いざまに
    声をかけられました。振り返って見ると(それなりの男性。)高校の級友に
    似ていたので思わず、「あ~」と私。でもよ~く見ると違う。「誰だっけ?」
    「佐藤だよ。」とその男。(加藤はいたけれど、佐藤?)と私の脳みそ。
    間髪を入れずその男、「渡辺は元気?近頃会ってないけど元気かな?」
    私の脳みそ:(渡辺はいる、でも鴻巣。深谷の私になんで鴻巣の渡辺のことを)
    「渡辺って、あのサイクリング好きの?」と私。「そう、そう。」と答える
    男の目がちょっと泳いだ。「明日のクラス会、台風でキャンセルになって残念
    だね。連絡あったろ?」と私。「最近、連絡取りあってないからクラス会のこと
    知らなかった。」と男。「名前なんだっけ?」ともう一度私。「佐藤だよ。」
    (ふん!おかしい。ばかめ)と私の脳みそ。「時間あったらどこかでお茶でもどう?」
    と男。「時間ないね。いそいでるからダメ!じゃあ。」と私。常任総幹事長に電話したら、
    「クラスに佐藤はいないよ。詐欺だよ。お茶飲んで、お金の無心か隙あらばカバンを
     、、だね。」だって。私もそう思った。
    「鴨」にみえたんだ~私。カルガモかなあ。でも、きっちり見破ったからすごいね。
         と、こんなことがあった真夏のような秋の一日でした。お粗末!

    “Un escroc”

      

  • 優勝しました!

    市民体育祭で、わが町内が総合優勝しました。

    チームワークの賜物です。夏のような、秋晴れの日でしたね。

    “Sous le ciel de l’automne”