ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 雪がとけて

    65センチの大雪もほとんど溶けて、心配していたクリスマスローズも
    こんなきれいな花を咲かせました。自然の猛威と驚異、人間も立派!

    お隣の”しゅうちゃん”が一生懸命掘った雪蔵は、まだ健在。

    “Une fleur apres la grande chute de neige”

  • 鬼のいぬま

    我が物顔のヒヨドリがちょっと留守。「クワ、クワ」と鳴きながらツグミがやってきて
    リンゴにありつけました。  良かったね。

    まだまだ雪が残っていますね。今日も、雪かきしました。

    “Pendant l’absence du Demon”

  • 木曜日は大丈夫らしいです

    14日。   寒そうなムクドリと欲張りなヒヨドリ。

    そして今朝。  すぐに溶けてしまいました。

    “Oiseaux et glace”

  • 降りすぎ!

    先日の積雪をはるかに超えました。ハッキリ言って「降りすぎ」です。重たい雪ですし。
    道路に出るまで大変。

    私の長靴はちょっと深めなのに、積雪ははるかに超えています。

    東隣のお宅の車庫はつぶれました。西隣のお宅の物置小屋は屋根の真ん中が
    落ちました。    我が家も雪に埋もれています。

    畑の物置小屋は無事でした。カラスのカー公たち、ツグミのつぐちゃん、意地悪ヒヨドリ、
    ちゅんちゅんスズメたちが集まってきました。ひさしの下にたくさん餌を撒いてあげました。
     こんな日は、餌がなくて小さな身体の鳥は命がけでしょう。 頑張って!

    “Trop de neige ! “

  • Happy Snowy Valentine’s Day

    モンロワールのリーフチョコと、誕生日プレゼントが娘から届きました。
    かわいいカード(スミちゃんがいるね)とイニシャルMの入ったTHERMOSのタンブラー。
    ありがとう。  Merci mille fois !!!!!!!

  • 散歩道

    雪に覆われた畑を眺めながら、速足の散歩。  ノスリが頭の上を飛んだので
    カシャカシャ、、、連写のつもりだったのに~ ピントが合わない。 当ったり前。
    スイッチオフ、でした。 雪の反射を受けてとってもきれいなおなかだったのに。

    これはちょっと驚き。雪の残る水辺に、なんと亀! 水ぬるんでいるのですか?

    浅間山もまた真っ白になりました。

    谷川連峰は真っ白です。 26日にみなかみ町に行く予定。♨です(♨一泊の山の神たちの
    送迎の送、です) せめて一風呂浴びてこよう。

    “Je resterai chez moi avec Sumi.”

  • 雪の中;鳥たち

    雪の降る日、鳥たちは。

    こんな雪の日は、むやみに出歩くものではありません。 はい、わかっています。
    ちょこっと、そこまでですから、、、。  あっ!そうそう、他にもいました。子供の心の
    大人。荒川左岸で会いました。  誰かって? あの方です。 言わずと知れた、、、
    「森の父さん」。

    “Oiseaux dans la neige”

  • 雪ですね

    大雪になる予報です。雪、嫌い! 雪、大好き!二派に別れると思いますが
    あなたは、どちらですか? 私は、、、、雪、雪なんか~、、、、大大好き~です。

    “J’adore la neige!”

  • わ~~い!

    レグザムのスキーブーツを誕生日プレゼントにいただいちゃった~!
    (写真だけれど)    本命は、スキーワックス。 ありがとうございます。
    誕生日までには、まだだいぶ日にちがあるけれど、うれしいいいいいい!

    “Mon anniversaire, c’est quand ?”

  • Snow covered.

    昨日の続き:完結編です

                       ********************
     

    She named the dog “Gray Head” because the dog’s head was gray , the body was brown,though. Gray Head was always with her and loved her as if she was his mother . He was not so big ,but very brave . He could run as fast as the wind .  

    ********************************
     Two years passed . People talked about the stray dogs which appeared
      around their farms. The dogs were so brutal that they often attacked cows,
       ,chickens to eat ,even people.
     One day in fall, she and Gray Head were attacked by those dogs on their way
       to the town.       At that time what she saw was ,,,,,,,,,,,,,,,!!
    Three of the brutal dogs were killed in an instant by Gray Head !
      The others ran away and never appeared again.
    After that ,Gray Head sometimes got out at night . And finally
      on a night of full moon, he left her . He never came back to her .

    **************** ****************

      In the snow , she saw some wolves coming toward her.
    She saw their red mouths and shinning eyes.
      She closed her eyes and prayed in her mind.
    She felt breath of the wolves on her face.

    Nothing happened. !
    Nothing but she felt she was wrapped with something warm .
     She opened her eyes slowly and found her “Gray Head” sitting besides her .
    The other wolves were sitting around her and Gray Head.

     When she was saved by the rescuers 2 days after the accident,
    they saw a lot of foot prints of wolves on the snow ,
         and also heard a long howling in the mountains.

    “Fin ”