ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 烈風二日

    昨日、今日と吹きすさぶ風のすさまじさ。
    写真がオオタカの巣であればいいな、そして二日間の烈風にも
    被害がなければいいな、と思いながらTVから流れる「キャンデイズ」
    の歌声に耳を傾けています。

    花フェスタ会場の西口を飾る「樅の木ガーデン」仲間の庭です。
    昨日の搬入時そして今日と呆れるほどの烈風。花が可哀相でした
     明日から花フェスタです。   「深谷から日本に元気を!」

    “Fete des fleurs à Fukaya”

  • 可愛いネコたち

    スミちゃん、ベランダのお気に入りの場所ですましています。でも、この数分前に
    外で草を食べて、2回ゲロ吐きました。その後、紫陽花の下で勢い良く立ちション
    しました。

    「マメちゃん、タマの鼻汁写真ブログに載せてもいい?ちょっと気持ち悪いけれど!」
    「え~、あれ載せるの?見た人が”おえ~!”ってなっちゃうよ。訪問者がいなくなる
    の覚悟ならのせれば。止めといたほうがいいと思うな。でも、載せるんでしょ。」

    はい。載せます。食事前のかたがおりましたらゴメンなさいね。
    でも、可愛いのです!安心しきって居眠りこいてるって感じでしょ。

    わああああ~!!!!!!!!!!!汚い!!!!!!!!!!!!

    “Trois chats, je les aime.”

  • 今年初めての

    今年初めての東京、でした。国立新美術館でたくさんの絵を観て、新緑匂うテラスで
    お茶を飲みました。 それから新宿の伊勢丹に行き、またまた絵を鑑賞しました。
    疲れました。 それで、昼ご飯は豪華(?)にとつな八で天麩羅定食を食べ、紀伊国屋
    で本を3冊買って帰途につきました。  ほとんどの駅でエスカレーターや動く歩道は
    停止していたので、かなりの歩行距離だったと思います。

    さあ、どれを食べたでしょうか?

    “Tokyo me fait toujours fatigué.”

  • やはり

    オオタカのとある営巣地を観察に。森の父さん、Mチェさんからの教えに忠実に
    「鳴き声」「食痕」「糞」に神経を注ぎましたが、すべて無しの寂しい結果でした。
     数日前、この場所に来るときにオオタカとすれ違った?のを思いだし、かすかな
    望みで、ある場所に行ってみました。  いました。林の中には糞もたくさん。

    でも、巣は見つかっていません。単なるねぐらなのかもしれません。

    “On doit chercher ou?”

  • 小さな旅

    信州への小さな旅。満開の桜に迎えられました。

    信州上田。列島上空に張り出した寒気のために、ダウンジャケットを着て
    もちょうど良い気温でしたが、春はたけなわでした。

    “Petit voyage à Shinshu”

  • 散歩道には

    タシギと

    ドロ穴の中から出てきたばかり、のようなカメと

    これから長い旅の待っているツグミと

    鉄塔で抱卵中のカラスがいました。

    “A bientot, au revoir et Adieu, Mon Cheri !”

  • 気温下がってます

    汗ばむほどの日中でしたが今は冷たい強風が吹いています。
    寒暖の差が激しいのが、春の特徴。去年の今頃は、雪でした。
    幾つかの春が去っていきます。 また来年。

    “Au revoir, Printemps!”

  • 閉まらない障子

    窓の内側に枠をとりつけて

    次に格子をとりつけて:(この部分は開かなくてもよいのです)

    もう半分に、両開きの障子をとりつけて

    木部を塗装して、障子紙をはりました。

    はずして塗装した格子をとりつけて

    何となく素敵に見えませんか?ところが、閉まらないのです。無理に閉めると
    障子紙がやぶけそう。 やっぱり、下手くそでした。 もう半分残っているのに
    ちょっぴり気分が落ち込んでます。 (ホント、シマラナイ!)

    “Ah, je ne suis jamais habile. Triste!”

  • あなたは、な~に?

    季節はずれの冷たい北風。ベランダの日溜まりに、この蝶が羽を
    休めていました。 あなたは「ツマグロヒョウモン、、?」
    図鑑で調べるとチョット違うような。 (虫さ~あん、教えて下さい)
    キタテハかな?

    “Qui es-tu?”

  • 桜、満開

    花びらに集まるヒヨドリ。鳴き声の異変に目をやれば、満開の桜の上を
    縞模様もくっきりと飛翔するオオタカ一羽。

    「桜が好きなのは、みなぎる命の気配が背中合わせにある死を考えさせるから」 
                杉浦 日向子 2005年9月5日(月)朝日新聞夕刊より

    “Vie et Mort, c’est cela qu’on aime SAKURA”