ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 紫絨毯

    春遠からじ

    “Champ violet”

  • 鍬柄山

    山頂からの浅間山。

    回れ右して尾瀬方面。

    ストックの左にかすかに富士山が見えますか?富士山を眺めながら
    オムスビ二つほお張って、コーヒーを飲みました。青空楽園です。

    思ったより雪が深くスノーシューが有効でしたが、最後の登りで不具合が生じ脱ぎました。

    脚の付け根まで何度も何度も、ズボ!!!でした。その度に疲れてしまう。

    おとうと(義弟)です。単独だったら途中で引き返していたけれど連れの
    おかげで目的達成できました。(おとうとも、一人だったら同じくだって)

    “Peut-être, j’aime la neige.”

  • 雪だるま

    車に降り積もった雪。

    雪降ろしして、雪だるまになりました。

    “Tombe la neige , tu ne viendra pas ce soir.”

  • 降りやまず

    車はどうなっているだろうか、、、

    “Il neige sans cesse.”

  • 頼もしい

    スキーに行った姪から、こんな写真が届きました。

    ソリの上で眠っているのは、一歳ちょっとの桜良ちゃん。
    大丈夫なのかなあ! でも、暖かそう。風がなければね。

    “Qui dort sur la neige?”

  • 遥か彼方

    雪原の遥か先に見える山が鳥海山や月山なら、藤沢周平の世界。
    懐かしい。最近、「蝉しぐれ」のDVDを観たからだろうか。

    “Il va neiger. Je l’attend.”

  • 針路

    ”渡り鳥にとっての「進路」は「針路」だよ。目的地の町名、番地まで
    頭の中に組み込まれていて、それは、もしかしたら数世代にわたって
    刷り込まれていくかもしれない。DNAを受け継ぐということかな~。”
       鳥好きだった兄が、以前そんなことを話してくれたっけ。

     ”なぜ。僕のことをpipiと呼ぶの?”      ”pipiだからさ。”
     ”その呼び名、何となく、、、。”       ”記憶?にある?pipiだからだよ”
     ”ここの桜が咲く頃には帰るんだ。”      ”そう。いつもそうだったよ。”

      ここの場所でのpipiは、たぶん君の何世代か前のおばあちゃんだったけれど、ね。

    “Réincarnation”
      

  • つぐみ

    どこで生まれたの?   遠い北の国。
    長い旅してきたんだね。 そう、とっても。
    いつ、帰るの?     ここの桜が散ってから。

    “Toujours avec toi”

  • 新年

    あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

    幸せの青い鳥。皆さまにたくさんの幸せが訪れる一年になりますように。

    “Je vous souhaite beaucoup de bonheur.”