ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 「もう出発します。」       3月30日午後2時48分

    「気をつけてね。元気で!」   「うん。わかった。」   3月30日午後2時50分

    「もう一度顔見たいよ。」             3月30日午後3時34分

    「秋に戻ってくる。待ってて!」   「待ってるよ!」   3月30日午後3時59分

     

    薄暗くなった桐の木にpipiの姿がありました。 そっとカメラにおさめました。
    今シーズン最後のpipiの写真です。(ファインダーがかすんでいました)
                         3月30日午後5時52分

    “Volez haut,volez haut dans le ciel ,Pipi! Et en automne encore chez moi !”

  • 明後日で丸5ヶ月だね、Pipi

    今日も、「もう帰りなさい。また秋にお出で。」と話しかけました。
    私の鼻先とpipiのくちばしとの距離は20センチです。
    じっと聞いていました。

    傍らの桐の枝に飛び移って、ひときわ大きな声で鳴きました。

    “Volez haut, Pipi ! “

  • pipi 3月27日土曜日

    私を見つめながら聞いていました。     「pipi。 もう出発しなさい。」

    “Pipi m’ecoutait en me regardant”

  • 冬と春

    昨日。  雪まじりの風が吹きつける高原は「冬」でした。

    そして今日。 暖かい陽差しを浴びて「エドヒガンザクラ」は、
             青空の下 「春」真っ盛りです。

    “Au revoir, Hiver. Et bonjour , Printemps! “

  • 出発は?

    いつですか?もうすぐ、しばらくの別れになるね、pipi 。寂しいよ。

    “C’est triste pour moi de te dire “Au revoir.”

  • 何をしているのですか?

    小さな花を撮しているところです。

    6~7センチくらいの可憐な花:アズマイチゲです。

    地面に這いつくばって、一生懸命の撮影なのです。

    秩父の奥で、美味しいお蕎麦を食べました。その帰り道でのスナップです。
    愉快で楽しい蕎麦&花紀行でした。

    “Qu’est-ce qu’on fait?”

  • 散歩道で

    散歩道。コガモとオナガガモをカメラにおさめました。
    オナガガモは移動の途中なのでしょうか?久しぶりの出会いです。
    コガモもあと何日かで移動して姿が見られなくなるでしょうね。
    真冬より数が増えているようです。移動中のグループの「立ち寄り」
    かもしれませんね。

    “Au revoir,les oiseaux d’hiver”

  • 北ア見ながら

    しばらくの間は、新雪滑降でした。

    Pipi ごめん。景色に見とれて時間の経つのを忘れてしまった。
    明日、いっぱいあげるからね。

    “Excusez-moi, Pipi”

  • のぞき見

    玄関ドアの外にこんな白いシミがありました。数日前は二ヶ所でした。

    自転車のタイヤのすぐそばです。 pipiの糞です。

    我が家の玄関ドアはガラスの一枚戸で中が丸見えです。

    私が起きるのが遅くなり、なかなか下に降りて行かないと、自転車にとまって
    家の中を覗き込んでいるのです。  明日は早起きしてあげます。

    “J’ai faim,Papa! Levez-vous”

  • 移ろう季節

    畑脇の川でコガモが気持ちよさそうに泳いでいます。

    足もとに、タマがやって来ました。タマは、尾が5センチほど切れてしまう
    大怪我をしましたが元気になりました。

    桜の蕾がふくらんできました。

    恐がりやのマメもやって来ました。

    気温が下がったとは言え、「春」ですね。
    家に帰れば、ジューンベリーでpipiがお出迎えです。

    “Nous sommes au printemps”