ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 少し遠出

    昨日から、どこに行こうか迷っていました。この時期我が家は
    軽井沢、峰の茶屋から小瀬温泉までの遊歩道、谷川旧道歩きが
    定番なのですが、ゆうべ寝床に入った時点では、別所温泉に行って
    温泉にでも入ってこようかとほぼ決めていました。
    「終日晴れます」 今朝6時台の天気予報で心がわりです。
    アルプスの見える山に行こう。そうだ、黒斑。決めた。
    ETCで千円で行けますし。

    kotori

    登山道に入ると、この小鳥が先導するかのように前を飛びます。
    しばらく一緒でしたが、ハイマツの中に姿を隠しました。

    arupusu

    お天気はいいのですが、アルプスはかすんでいまいちです。
    トーミの頭への下りまで来ると眼前にドーンと浅間山が。

    asama11

    トーミの頭で浅間山バックのモデルさん。

    asamato

    頂上に着きました。雪があって、歩きにくいところもありましたが
    無事到着です。またモデル、お願いしました。
    モデル=家内ですよ、もちろん。

    teppen

    高峰高原ホテルで汗を流し、ビジターセンターでお茶を飲んで
    帰路につきました。

    “Un peu au loin sous le ciel tout bleu”

  • 心配しすぎ

    冷たい雨の降る土曜日の夜から、昨日丸一日、そして今日と畑のタマが
    帰って来ませんでした。腹すかしのオス猫ですし、脚に怪我をしている
    ので心配で、指名手配のポスターを作りました。

    page001

    従兄の家の塀に貼ろうと思いガムテープを持って出かけました。
    従兄に声をかけようと、玄関をあけたとたんすっとんで来ました。
    帰ってきたばかりとのことで、甘えて甘えて毛だらけにされて
    しまいました。「外泊は連絡しなさい。」と頭をひとつたたいて
    言い聞かせました。(わかったかどうか?)
    家内いわく、「心配しすぎ!」
    「持って生まれた性分です。」

    “Nature inquiete”

  • 楽しい一日

    kinobori1

    2月に建国祭が行われた「緑の王国」でも、昨日、今日と花フェスタのお祭りが
    催されました。昨日は冷たい雨。入場者も極めて少なく、若葉の中を飛び交う
    鳥は、「閑古鳥」でした。ツリークライミングのデモも倉庫の中でしたが、今日は
    スカッと抜けた青空の下、王国内の防風林で行われました。

    kinobori2

    インストラクターのお嬢さん、スイスイと登っていきます。

    kinobori3

    こんなことまでしてくれました。(真っ逆さま)

    kinobori4

    それではと、「すみとち」真っ先に進み出て(ホントは森の父さんと
    鷹さんの強制です、、、)登ってみました。
    顔はひきつり、体はガチガチ。でも5メートルまで頑張りました。
    この技術がマスターできれば、猛禽観察にも役立つぞ、と思い
    ましたが、一番は「この高みの緑陰でビール!がいいぞ~。」
    でした。
    今日は良い日でした。この後、あるところで生まれて初めての
    フクロウ目撃という経験をもしてきました。

    morino-tousan

    5メートルハイからの「森の父さん」

    takasan

    同じくvolunteer仲間の「鷹さん」です。

    “Bon jour pour moi”

  • 藤色

    taimu

    雑草に棲息場所を奪われてしまったけれど、タイムが
    咲いています。

    fuji

    手入れもしないで伸び放題にしてしまった藤。花の数が
    少ないようです。

    kiri

    ふと何かが薫りました。足元を見ると藤色の花。
    「あっ!」と見上げると枝の先に花がついています。
    何年ぶりだろうか。
    「こんなに桐を植えて、タンスでも作るかい?」と
    桐屋さんが言いました。今残っているのは4本だけ。
    父と買ってきて植えた桐。今は立派な樹。
    遠い昔。なつかしい想い出。

    “Doux souvenir”

  • 春の山

    汗ばむほどの陽気でしたね。ウグイスの鳴き声の中に、時たま
    「ポポポポ。ポポポポ」とツツドリの声が聞こえてきたと思ったら
    声の主が姿を見せました。

    tsutsudorikana

    弁当箱に詰めてもらった「筍ご飯」を食べていると、トビが上空を
    旋回し始めました。頭の上を小さな円を描きながら高度を下げて
    きます。弁当箱を地面に置いて双眼鏡でのぞきました。
    ずうっと下ばかり見ています。

    tobi1

    さらに下降してきます。

    tobi2

    弁当箱にふたをしました。油揚げは入ってないけれど、サツマアゲが入っていましたので。

    tobi25

    杉木立の中に飛び込んだトビは、何かを掴んで出てきました。
    はっきりとはわからなかったけれど、私の弁当が目当てでなかったのは、
    はっきりしました。

    tobi3

    やっぱり山も、もう春爛漫です。
    対岸の山の稜線上に新芽を食べる熊まで現れました。
    熊の登っている木が一番芽吹いていました。
    熊まで直線距離で4~500メートルです。
    「対岸の熊」、のんびりと眺められました。

    kuma1

    kuma2

    “Dejeuner a la montagne”

  • 畑のタマとマメ

    自宅から少し離れたところに小さな畑があります。
    初めて枝豆を育てた10数年前、枝豆畑にマメが捨てられて
    いました。マメはメス。のんびりおっとりしています。

    mame

    それから数ヶ月後、手のひらにのりそうに小さなタマが
    捨てられていました。タマはオス、畑の用心棒です。

    tama1

    畑の物置が住みかですが、ほとんど優しい従兄の家に
    寝泊まりしています。

    “Deux chats a champ”

  • 今朝はごめんなさい

    「営巣木の下で、ウロチョロするのは、まずいんじゃないですか。
    ちょっと考えてください。」と、きついことを言ってしまいました。
    でも、三脚(多分デジスコ)持って、もうお一人は、望遠レンズの
    ついたカメラを持って、産卵が近い鳥の巣のすぐ下で、写真を
    撮るためにあちこちと移動して、鳥を追っているのが少し気に障り
    ました。  きっと不愉快な思いをしたことでしょう。 でも、鳥に
    ついての知識がある方のようにも思えましたので、勇気を出して
    声をかけたのです。どうか理解して下さい。
    ヒナが巣だって、親鳥にもストレスを与えないようになったら
    素敵な写真を撮って下さい。 お願いします。
    何処のどなたかは存じ上げないお二人でしたが、失礼しました。
    写真は、去年の6月の下旬に撮しました。

    tsumi1

    “Ce matin”

  • 桐の芽吹き

    去年、葉を落としてから大胆に枝を切った桐の樹に
    新しい葉が芽吹いてきました。いじめられても、いじめられても、
    この時期になると「命」を見せてくれます。

    kiri1

    今は10センチにもみたない葉ですが、30センチほどの大きさに
    みるみる成長します。真夏の陽差しを遮ってくれる頼もしい桐です。

    kiri2

    畑のブドウも柔らかい芽を出しました。

    budou

    “Souffle du printemps”

  • 東京って!

    疲れる所ですね。12日の日曜日、渋谷のオーチャードホールに
    行って来ましたが、あの人の多さは何なんでしょう!!!
    頭痛がしました。10代後半から20代前半は、バリバリの
    city boy だったのに、、、。魚や鳥や花を求めて山に分け入って
    いるうちに、ヨレヨレのcountry 爺さんになってしまいました。
    でも、country 爺さんのほうが、私には快適です(負け惜しみ?)。

    moriyama

    “Fatigue a Tokio”

  • 眠り猫

    「すみ」、昼間はこんな調子でよ~く眠ります。

    sumi12

    sumi23

    リボンでじゃらしても、ちょっと「ジャブ、ジャブ」でそのまんま、、、。
    飼い主もときどき、同じ恰好で眠っているとか、、、、、。

    “Chat dormant”