ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 葡萄泥棒

    塀際の鉢植えピオーネがしばらく前から食べられていました。
    房(皮)だけが残っているのです。人間が食べたように。
    確かにヒヨドリが、ホバリングしながらついばんでいるのは
    目撃しました。 今夕、家内が見ました。塀の上を歩く獣!
    一瞬立ち止まり、家内を睨んだそうです。その顔、、、、
    白い鼻すじ。 ハクビシン!
    どうしたらよいでしょうか?

    hakubi

    写真は我が家に現れたハクビシンとは関係ありません。
    そういえば、我が家から200メートルほど離れたお宅の
    天井裏に、何年か前ハクビシンが住み着いていたのです。

    “Surprise!”

  • 母に護られて

    子だくさんのカルガモ一家。こんなに大きくなりました。
    八羽かな?九羽のはずだけど。

    hachiwakana

    九羽いました。お母さんをいれて10羽の大家族。 お母さん、偉大です!

    zenin

    久しぶりの、夏空! ミンミン蝉の声に元気があります。
    暑中お見舞い申し上げます。

    natsuda

    “Vive l’ete!”

  • 怪奇

    我が家二階のベランダに、こんな足跡がついていました。
    南北に長いベランダを、端から端まで歩いています。
    指でこすっても、雨の後でも消えないのです。
    果たして正体は????

    ashiato11

    ashiato4

    こんな具合に歩いています。(黒丸で囲みました)

    ashiato22

    “Mysterieux!”

  • やっぱり祭りは晴れないと!

    どうしたことでしょう?晴れました。夏祭りはこうでないと。
    神武天皇のお出ましです。

    tennou

    町内の、若手綺麗所がそろいました。

    kireidokoro1

    kireidokoro2

    花火も上がって、祭りは最高潮です!

    hanabi

    hanabi2

    “Quel temps, demain ?”

  • 夏祭りは雨の中

    nenbanmikoshi

    年番御輿にポツリ、ポツリと雨。  5:45am

    ame

    式典開始に合わせるように、いよいよ本降り。 7:10am

    ame2

    テントの中に流れ込む雨水。

    norito

    神主さんの、「のりと」もかき消す雨音。7:25am

    shuppatsu

    8:05am。  さあ、出発!(チョット寂しい)

    wasshoi1

    雨も上がって、盛り上がってきました!   12:20pm   わっしょい!

    wasshoi2

    わっしょい!わっしょい!そ~れそ~れそれ、お祭りだ~い!

    yattokosa

    年番町の仮宮にやっとこさの到着です。  12:35pm
    夏祭りは明後日まで。お天気が心配ですね。

    “Fete d’ete en pluie”

  • ころぼっくるヒュッテ

    korobokkuru
               コロボックルヒュッテ

    長野県霧ヶ峰高原車山肩にコロボックルヒュッテは建っています。こぢんまりとした
    清潔なこの山小屋を、わたしはとても気に入っています。数年前の10月、この山小屋
    に宿泊したことがあります。満天の星。そして明くる朝、霜の降りた高原からは、北
    アルプスの初冠雪を、凍える手のひらに息を吹きかけながら眺めました。

    saishonohon

    初めてこの山小屋を訪れた折りに買い求めたのが、この本でした。この山小屋の   
    創始者、手塚宗求さんの著書です。
    すっかり魅了された私は、この山小屋を訪れる度、一冊二冊と買い求めました。

    inuwashi

    hon2

    自然の中、山の中で幾つかの夜を過ごしたことのある者にとって
    こんな山小屋を持つことは、きっと共通の夢かもしれません。
    そんな夢を満たしてくれるのがこの山小屋でした。
    (信じがたいような過酷な歴史を持った山小屋ではありますが)

    kisuge1

    流れる霧の中、キスゲが揺れていました。咲く数は、年によって
    違うようですが、高原を黄色く染めて今年の昨日も揺れて咲いて
    いました。
    そんな中、数咲くキスゲの一本が語りかけました。
    「わたしは、ここよ。」と。

    watashi2

    “C’est moi, ta mere”

  • 霧の霧ヶ峰高原

    低気圧の接近で、空行く黒雲の動きは吹く風にあわせて急。
    霧がわき上がって視界が閉ざされたかと思うと、揺れる花々の
    中に霧は吸い込まれる。その合間に、高原の夏を謳歌する
    鳥たちが姿を見せる。鳴き声は優しく、傍らに咲く花々は
    一時可憐な姿を霧の合間に見せてくれる。
    揺れる花、さえずる鳥。   そして、また霧の中に姿を隠す。

    kiri4

    鳴き声に、目を凝らすと「ホオアカ」

    kirinohooaka

    hooaka

    足元にアザミが揺れる。

    azami

    「ビンズイ」が、さえずる。

    binzui

    「キスゲ」がささやいている。 「わたしは、ここよ。」

    kisuge

    “Dans le brouillard”

  • 北斗星の旅:終章

    上野駅を、19:03に出た北斗星は、翌日の11:15に札幌駅に
    到着です。15時間余の長旅ですが、個室の寝台でゴロゴロできるので
    疲れることはありませんでした。かなりガタガタと揺れますが、どこでも
    グッスリ眠れる特技が役に立ちました。車窓からの雨の風景もこれは
    これで情緒があって素敵でした。

    madonoonna-1

    touya

    noboribetsu

    10日金曜日の札幌は雨。町中の小さな魚市場に行き昼食に鮨を食べました。
    一番は、やはりウニですね。甘さが口の中に広がります。この市場で、ホッケと
    ホタテを買い、期日指定で自宅宛てに送ってお土産は整いました。
    (でもあちこちでチョコチョコ買いました。荷物が重くなる訳です)

    「札幌の夜は何処がいいですか?」の問いに、「サッポロビール園でジンギスカン!」
    即座にこう教えてくれた友達の意見を尊重し、8時の予約で行ってきました。
    人人人。ビールビールビール!けむりけむりけむり!
    飲み放題、食べ放題でしたが、ラム>ビールで、中ジョッキ1.5杯とコーラ1杯。
    下戸はこんな時損ですね。でも沢山食べたのですから良しとしましょう。

    naruhodo
                         なるほど。

    bijyotachi-1

    向かって、左の人が一番飲みました。でも3杯だったですね。ビールに新鮮と言う
    言葉があてはまるなら、確かに新鮮で軽くて美味しかったと思います。
    街中、あちこちにビアガーデンが設営されていましたが、雨で休業多し、でした。
    ビール好きの人には楽しい街ですね~。

    entotsu

    さあ、北斗星の旅遡りも終点です。酷寒の時期に、北斗星の旅、いいでしょうね。

    hokutosei

    “Fini”
                    
                         

  • 何処へ

    今日も暑くなりそうです。いえ、もうじゅうぶん暑いですね。
    昨日神社に行ってみましたが、やはりもう、離れてしまったようで
    姿も声もありませんでした。この瞬間、いつも淋しさを感じます。
    でも何処かで元気に生きていくでしょう。6月21日に会ったのが
    最後でした。

    dokoe1

    北斗星の旅3は後ほど。

    “Ou maintenant?”

  • 北斗星の旅:2

    写真がなかったら、何をしたのか、どこに行ったのか思い出せない
    なんて悲しいですね。訪れた場所ごとにメモをとるような性格では
    ありませんし。  函館に移動する前日の札幌では、、、、?

    popura2

    駅近くのホテルを出て、北大に行ったのですね~。
    広かった!このキャンパス内の移動は、自転車が最適。
    そんな学生さん達を沢山見かけました。

    hokudai
    Par Mieko

    Boys ,be ambitious!  クラーク博士の胸像、ありましたが写真とってないのです。
    小学校の時、教科書で学びました。懐かしのクラーク博士。やっと会えました。
    写真はありませんが、お土産(自分用)に買ったT-shirtの図柄です。

    popura3

    この日のランチは、「新ラーメン横町」でもちろん、味噌ラーメンでした。
    特別に、ずば抜けて、美味しいと言うものでもありませんでした。
    旅の記念には、何でも写真を撮っておくべきですね。お店やら食べ物やら。
    な~にも撮ってないので、今日はここまでにしましょ。
    あっ、娘の後ろ姿を。

    musume

    “Voyage en train 2″