ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 秋陽

    高い高い空の下。

    金木犀が香っています。お隣の庭からだろうか?
    いえ、近すぎます。あっ、我が家の金木犀だ。
    日当たりの少ない庭なのに咲いてくれた!鼻を
    ヒクヒクさせながら、顔を近づけた途端、、、
    二三匹のアシナガ蜂がぶーん。秋ですね。

    ” On sent l’automne !”

  • 暑いですか?

    ” Qu’il fait chaud !Tu vas bien?”

  • 明日は七夕ですね

    花が開く時に本当に音がするのでしょうか?

    “Je voudrais entendre “

  • 過ぎし日

    肩に食い込むほどの大漁。

    枝にまだ残っています。採っただけでも30キロありました。根元に眠るタマの梅。

    庭のアジサイが小さな花を咲かせています。「かずえ」という名のアジサイ。
    妻沼のあじさい寺で母が買い求めた一鉢。毎年咲いていますよ、かずえさん。

    小さくなった兄。やはり家には帰れない。

    庭の夏椿が咲いているのに初めて気が付いた。最後の花。ごめんなさい。

    “Beaucoup de changements de saison”

  • 寒い日、きっとあるでしょうね

    爛漫でした

    筏になってキラキラ

    散る花びら、ジャガイモの芽

    女の子らしく優しくなったサム

    “Je peux revoir le printemps prochain ?”

  • 兄の転倒、入院からひと月が経ちました。インフルエンザの院内感染で面会が禁止されて
    いましたが、解けたと連絡があったので、唐沢堤の桜の写真を撮って見せに行ってきました。

    懐かしそうに、目を細めて見ていました。車で一時間ほどの生まれた町
    なのに、今の兄には、遠い遠い所に思えるのでしょうか。 

    あと一か月半。家に帰れるよう頑張ってほしい。

    “Tu as une infirmière préférée à cet hôpital ?”

  • オオタカ翔ぶ

    寒いな、と思っても春ですね。畑の仏の座が勢力を延ばしてきました。

    ブロッコリーも、美味しそうにこんなに大きくなりました。

    兄は、検査結果、脳は大丈夫でした。右目上の裂傷と右鎖骨骨折。
    「KO負けしたボクサーみたいな顔面だね。」と言ったら「そんなに?」
    と苦笑いしていました。また当分入院生活でしょう。気長にのんびりしてください。
       畑の上空をオオタカが飛んで行きました。春ですね。

    “Il va bien. Je me rassure.”

  • 春なのに

    先週会った時の帰り際、「転ばないようにね」を言い忘れました。
    そんな些細なことが今は気になっています。兄が、また転倒し入院しました。
    この5~6年間、家で過ごせた日って、病院での日々の半分もないような気がします。
    冬が来れば、春が訪れます。きっといつか、いつの春になるかわからないけれど。
     外に連れ出して一緒に食べた中華、美味しかった。また食べに行けますように。
    満開の梅の花が、散り始めています。でも、桜咲く春を信じて。

  • 春、やや優勢だけれど

    遅咲きの梅も膨らんでいます。

    危機一髪でした。耕うん機の刃に当たらなくて良かった。

    でも、明日から寒さが戻るようです。体調崩さないように
    気をつけましょう。

    “Un seul printemps dans l’annee,,,et dans la vie une seule jeunesse.”

  • 福、寿

    陽ざしの中の「福」と「寿」を護っていたのは、落ち葉(冬)ですね。

    “Beaucoup de fortune”