ときどき、遠くに、、、
RSS icon Email icon Bullet (black)
  • 暑いですか?

    ” Qu’il fait chaud !Tu vas bien?”

  • 飛べなかったけれど

    昨日のセミは、他の生きものに命をつなげました。「飛ぶことはできなかった
    けれど、この夏の空の下で生きる時間があったね。またいつか戻っておいで。」
     今日、ミンミン蝉の声の中にツクツク法師の声がありました。
    今、外は稲光と雷鳴です。 20:30

    “Sommeil tranquille à toi ”

  • 頑張れ

    脱け出せずに死んでいるセミ。土に戻してあげようと掌に
    のせました。「ブルブル」。殻のなかの羽が動きました。
    生命、頑張れ!

    “Une vie est ta vie.”

  • 梅雨明けは

    家に閉じこもっている身には雨も苦ではありません。

    コンピューターの前に座るのは、チョッピリ飽き飽きしてますが元気です。

    “Je veux aller à la pêche.”

  • 蓑虫

    玄関ドアに、

    バケツにも、

    新聞(郵便)受けには6匹も。

    他にも数匹はりついています。 蓑虫に好かれているのかな、、、、?

    “Vous m’aimez?”

  • ベランダのモスラ

    気が付いたのは昨日。写真は今朝の6時半ころです。1時間後に見たら
    姿がありませんでした。探したのですが見つかりません。
    何処に行ったのかなあ? 10センチありました。モスラ君、元気でね!

    虫が苦手な方には、、、、ごめんなさい。
    (でも、可愛いでしょ。しっかり抱きついている!ma,,.)

    “Où?”

  • この花は?

    朝顔の仲間でしょうか?小さなかわいい花です。

    そばにこんな毛虫もいました。触ったら?

    “En promenade”

  • 元気?

    昨日ゆずりはにとまっていた蝶、ジャコウアゲハ。右後ろ翅がありませんでした。

    今日の強い雨、元気でいてくれればいいな。とても気高かったよ。

    “Tu vas bien ?”

  • アゲハの 夏

    暑かった夏を謳歌しただろうか? 長雨で震えていたのだろうか?
    このアゲハ、生きているように見えるでしょう。全く雨の当たらない
    場所で、このまま、きれいなまま死んでいました。 葉陰に戻してあげようか
    とも思いましたが、家に連れ帰りました。 一緒に、「夏」を記憶の中に。

    “Papillon et l’été”

  • ベランダのミンミンゼミ

    「暑さを増し加わらせる蝉の声に
     耳を塞いでいたあの頃、、

     生まれるまでの眠りの長さと  
     生きている間の命の短さを知った後に
     蝉の声が泣き声に聞こえたよね

     今でも蝉の声に夏の元気をもらいながらも、、、、、

     もう少しお泣き
     泣きたいだけお泣きと
     つぶやく夏の朝がある、、、、、」

    “J’entends ta voix dans tous les bruits du monde.”   ma